Because We Love Happy Coding

フリーライターからエンジニア × 講師。発信力だけあり余ってる感じ

kintone出来ないこと

今日もまたコーディング。だって僕らはHappy Codingが大好きだから。

うっかりすると忘れてしまいがちな、できないこと集

ルックアップでチェックボックスをコピーする

「コピー元のフィールド」には、次のフィールドを指定できます。 文字列(1行) 数値 計算 ルックアップ リンク レコード番号 テーブルに設定したフィールドは指定できません。

ルックアップでチェンジイベントをとる

ルックアップフィールドそのものはkintone のチェンジイベントをとれない。

  kintone.events.on(
    [
      'app.record.create.change.ルックアップフィールド',
    ],
    function (event) {
      console.log(event);//実行されない
      return event;
    }
);

ルックアップでコピー先になるフィールドはチェンジイベントをとれる。

  kintone.events.on(
    [
      'app.record.create.change.ルックアップコピー先(一行テキスト)',
],
    function (event) {
      console.log(event);//実行される
      return event;
    }
);

ただし、テキスト複数行などのフィールドはそもそもチェンジイベントをとれないので、コピー先が複数行になっているととれない。

  kintone.events.on(
    [
      'app.record.create.change.ルックアップコピー先(複数テキスト)',
],
    function (event) {
      console.log(event);//実行されない
      return event;
    }
);

DOMのチェンジイベントはたぶんとれそう。

グラフや表の値として、「レコードの集計値を使って算定した値」を使う

ちょっと説明しづらいのだが、kintoneのグラフの仕様は割と不自由がある。

たとえば、こんなレコードがあるとする。

選手名 ヒット数 打席数
選手A 10 1000
選手A 12 100

レコード1の打率は0.01。 レコード2の打率は0.12。

総合するとこの選手Aの打率は22/1100=0.02である。しかしkintoneではこのように「ヒット数合計/打席数合計」をグラフにしたり表にしたり、ということはできない。

単純な合計値なら、各レコードに「小計」という計算フィールドを設置してレコード内の合計値を出しておき、表などに「合計(小計)」とすることはできる。

モバイル端末からグラフの「表」「クロス集計表」「定期レポート」を見る

モバイルからさっとクラウドのデータを確認できるスマートな仕事っぷりに憧れる方には申し訳ないが、モバイル端末からグラフの「表」「クロス集計表」「定期レポート」を見ることは、標準機能では実現できない。

管理者が「ユーザーにPC版への切り替えを許可」している場合、PC版へ切り替えることでこれらの機能を使うことができる。

英数字を単語の一部で検索する

kintone の検索は、英数字については単語検索になる。曖昧検索は基本的にできない。

これはAPIのクエリでlike演算子を使っても同じ。

レコードの取得(GET) – cybozu developer network

部分検索ができるプラグインはある模様。

モバイル版からレコードの絞り込みを行う

モバイル版には、レコード絞り込みの機能はない。

検索機能はあるのだが、検索機能には「検索対象が限られている」というまた別の課題がある(次項参照のこと)。

ドロップダウンなどのフィールドの値を検索する

検索窓で検索できる対象が限られている

データを検索する - kintone ヘルプ_

フィールドで検索できるのは - 文字列(1行) - 文字列(複数行) - リッチエディター - リンク だけだ。

数値関係はいいとして、選択肢系の以下のフィールドが検索できない。

PC版では、絞り込みの機能を使えば絞り込むことができる。モバイル版に絞り込みの機能はない。

絞り込みのドロップダウンに表示されるフィールドの順番を変更する

システム規定の順番になっており、変更できない。

よくあるご質問 | 「絞り込み」のドロップダウンに表示されるフィールドの順番を変更できますか?

誤解されているが、できること

kintone は小数点を扱えない

それはおそらく、お使いの設定で丸め処理をオンにして使っておられるからでは。金銭の計算ではその方が楽な場合が多いので。

また、丸め処理でレコードに小数を持たせることができない場合でも、画面上に表示させるだけならできそうな気がする(未検証)