Because We Love Happy Coding

フリーライターからエンジニア × 講師。発信力だけあり余ってる感じ

Google検索結果から不要な結果を削除するTampermonkey ユーザースクリプト

今日もまたコーディング。だって僕らはHappy Codingが大好きだから。

最近、技術的な内容を検索すると、特定の「内容は粗製濫造だがSEOがしっかりしているため上位に表示される」サイトが出て来て困っている。

いわゆる「Google仕事しろ」案件だが、つい反射的に上位サイトをクリックして哀しい気持ちになることが多い。

そこで、Tampermonkey の出番だ。

// ==UserScript==
// @name         Google検索結果
// @namespace    http://tampermonkey.net/
// @version      0.1
// @description  maintain killUrlArray before you use.
// @author       mogami74
// @match        https://www.google.com/search?*
// @grant    none
// @require https://ajax.googleapis.com/ajax/libs/jquery/3.3.1/jquery.min.js
// ==/UserScript==

(function() {
  'use strict';
  var killUrlArray = [
    "sejuuuu.net"
  ];
  jQuery(document).ready(function($){
    killUrlArray.forEach(function (element) {
      var selector = 'a[href*="'+element+'"]';
      $(selector).closest('div.g').html('[' + element + '] was deleted from result');
    });
  });
})();

killUrlArrayの中身を追加すると、その文字列をURLに含む検索結果をまるごと削除し、「〜was deleted from result」文字列に置き換えてくれる。

f:id:mogami74:20191211124530j:plain
検索結果から某サイトを削除した結果

スマホで使えないのが残念だが、非常に快適になった。つるかめつるかめ。

そのうちGoogle様に怒られたりするかもしれないが……。